公演詳細ページ

劇場 大阪歌舞伎座[千日前]
公演年月 1953年11月 (昼夜公演)
上演順 夜の部 1
演目名 築山殿始末(ツキヤマドノシマツ) → この演目名で検索する
場名など 戦場〜築山殿〜城外の池〜岡崎城内角櫓〜同城内廣場〜同書院〜二股城内小書院〜元の書院
配役

徳川家康 = 尾上松緑(2代目)

家康御臺築山殿・天方山城守 = 市川左團次(3代目)

家康嫡男岡崎三郎信康 = 市川海老蔵(9代目)

信康妻徳姫 = 尾上梅幸(7代目)

奥平大和守 = 河原崎権三郎(4代目)

酒井左衛門尉忠次 = 尾上鯉三郎(3代目)

唐土歸化人医師減敬 = 坂東彦三郎(7代目)

服部半蔵正成 = 片岡市蔵(5代目)

大久保忠世 = 中村竹三郎(初代)

太鼓打の男 = 市川照蔵(2代目)

信康守役平岩親吉 = 助高屋小伝次(2代目)

築山殿侍女小笹 = 中村福助(7代目)

侍女 = 尾上菊蔵(6代目)

侍女 = 中村梅花(3代目)

侍女 = 市川女之助(初代)

侍女 = 澤村由次郎(4代目)

侍女 = 市川竜之助

侍女 = 尾上松男

侍女・踊りの女 = 尾上琴糸(初代)

侍女・踊りの女 = 松本高麗雀

侍女 = 市川升弥

老女折柴 = 坂東羽三郎(初代)

中老望月 = 大川橋蔵(2代目)

侍女小侍従 = 尾上多賀之丞(3代目)

減敬に従う武士 = 坂東薪蔵(3代目)

減敬に従う武士 = 尾上多賀蔵(3代目)

茶道 = 尾上みどり(2代目)

近習 = 片岡市松

徳川方武将 = 尾上新七(5代目)

徳川方武将 = 片岡大輔

奥平の部下・踊りの男 = 片岡我勇(2代目)

奥平の部下 = 尾上梅祐(2代目)

奥平の部下 = 坂東調四郎

徳川方の武士 = 大ぜい

小侍従に従う武士・踊りの男 = 市川莚若(2代目)

踊りの男 = 市川太郎

踊りの男 = 大ぜい

踊りの女 = 大ぜい

備考 十一月興行 東京大歌舞伎、尾上菊五郎劇団・河原崎権十郎・市川海老蔵参加、大佛次郎作並演出(オール読物十一月号所載)、前田靑邨美術考證、江崎孝坪装置、篠木佐夫照明