このデータベースのあらまし

1) このデータベースには、昭和20年(1945)から現代までに、国内の主要劇場で行われた歌舞伎等の「本公演」の上演データが収録されています。
2) データの内容は、各公演ごとの〔劇場名〕〔公演年月〕〔昼夜別・上演順〕〔上演時の演目名〕〔通称・場名〕〔主な配役〕〔備考〕となっています。〔備考〕には、襲名興行、追善興行、新作の作者や演出家などのスタッフ、特別出演の演奏家、その他の情報を記載しています。
3) 上記のデータは、出来うる限り上演時の「筋書」やチラシに記載されたままを忠実に再現するよう配慮しました(明らかに誤りと判明した部分は訂正しました)。したがって、同一演目を検索しても、表示されるデータは劇場や公演年月によって題名や表記が異なることがあります。配役欄の表記も、すべて上演時のままに記載してあります。
なお、上演時の演目名欄に〔 〕で囲まれている演目名は「筋書」には記載されていないが、検索の便宜上、データ入力時に書き加えたものです。
また、旧字も出来る限り「筋書」の通りに表示していますが、JIS第一・第二水準に含まれない漢字については、カタカナで表示しました。
4) 「筋書」に記載がなかったなどの理由で、実際に上演された場面が不明な場合には、〔通称・場名〕のデータがないので、結果的に検索の対象から外れてしまいます。しかし、このようなデータにつきまして、場名で検索して見つからなかったとしても、必ずしもその公演で上演されなかったとは限りません。
5) 本サイトでの日本語表示は、検索などの利便性なども考慮し、インターネットで標準的に使用できる文字を使っています。そのため、一部、固有名詞などで正確に表示できない場合があります。例えば、澤瀉屋(おもだかや)の「瀉」の[つくり]は正式には“ワかんむり”です。ご了承のほどお願いします。
以上、予めご理解の上、ご利用ください。
利用環境: このデータベースは、Microsoft Windows2000,XP,Vista,7を搭載したパソコンで、InternetExplore7.0以降、FireFox3.0以降で利用できることを確認しています。 JIS第一・第二水準に含まれない漢字は表示できないので、外題や人名などで表示できなかった漢字があります。