歌舞伎 on the web

市川 高麗蔵 (十代目)

いちかわ こまぞう
本名比毛慶(比毛慶三と名乗った時期あり)
俳名・舞踊名舞踊名は藤間勘三
屋号高麗屋
定紋三桝、四ツ花菱
生没年月日 大正14(1925)年11月27日 ~ 昭和56(1981)年03月19日
出身東京都

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

三代目坂東秀調の二男で、子供のころは弟光伸(九代目坂東三津五郎)と共に名子役として知られている。昭和20年代は初代中村吉右衛門一座に所属し、中村梅枝(のちの四代目時蔵)、澤村源平(のちの九代目宗十郎)とともに一座の花形として活躍。とくに八代目松本幸四郎(白鸚)に兄事し、高麗屋で大事な高麗蔵の名跡を襲いでいる。テレビ放送の初期には『鞍馬天狗』に主演して人気があった。

女形、立役どちらも可能な優しげな容姿に恵まれていたので、若衆方が良かった。『佐々木高綱』の佐々木小太郎の凛々しさや『修禅寺物語』の春彦の優しさを好演。『河内山』の宮崎数馬は仁のよさで、品があって佳いものだった。病を得て数年のブランクの後、かつての凛々しい二枚目ぶりを発揮することなく逝ったが、その長男、現・坂東秀調に容姿と舞台の行儀のよさがしっかり受継がれている。

【小宮暁子】

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

三代目坂東秀調の二男で、兄に坂東又太郎(廃業)、弟に九代目坂東三津五郎がいる。昭和2年九州巡業中に『時雨の炬燵』勘太郎で坂東慶三を名乗り初舞台。昭和29年9月歌舞伎座『連獅子』で八代目松本幸四郎の親獅子に子獅子を務め十代目市川高麗蔵を襲名。昭和36年4月幸四郎に従って東宝へ移籍。昭和40年4月伝統歌舞伎保存会会員の第一次認定を受ける。昭和46年5月よりフリーとなる。

受賞:

昭和29年7月『願糸縁苧環』お三輪・橘姫で大谷社長賞。同年11月『道行詞の甘替』斎世の君で大谷社長賞。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『伽羅先代萩』花水橋
    十代目市川高麗蔵【足利頼兼】
  • 『本朝廿四孝』十種香
    十代目市川高麗蔵【武田勝頼】

    昭和32年12月 東横ホール
  • 『佐々木高綱』
    十代目市川高麗蔵【佐々木高網】

    昭和40年10月 御園座
  • 『仮名手本忠臣蔵』二段目
    (左)四代目中村時蔵【娘小浪】、(右)十代目市川高麗蔵【大星力弥】

    昭和29年12月 歌舞伎座

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ