歌舞伎 on the web

中村 歌門 (二代目)

なかむら かもん
本名町田優
俳名・舞踊名俳名は花妻
屋号駒村屋
定紋祗園守、三ツ梅
生没年月日 大正02(1913)年11月15日 ~ 平成01(1989)年12月11日
出身東京・下谷

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

五代目中村歌右衛門門下から前進座に参加し、女形から、つっころばし系の二枚目、敵役まで幅広い役柄をこなした。新演出で大きな反響を呼んだ『熊谷陣屋』で義経を演じた人である。後年、大歌舞伎に復帰し、六代目歌右衛門一門に戻り、父子二代に師事することになった。歴戦のベテランで実力があって、復帰後も敵役を中心に存在感を見せた。猪首でギョロリとした眼にぶ厚い唇でべりべりとした調子。それでいてどこか色気と愛嬌があるのがこの人の個性だった。女形でも『中将姫雪責』の継母照日の前について姫を責める腰元山根の憎らしさ。その一方で『河庄』の善六などをサラリと演じて、異和感がなかった。

晩年、前進座の若手を指導した『曾我対面』が前進座劇場で演じられている。舞台稽古のとき客席にいた歌門の厳しい視線が印象的だった。

【秋山勝彦】

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

父は落語家の二代目談州楼燕枝、姉が三代目中村翫右衛門夫人。五代目中村歌右衛門に入門し、大正14年4月中村福燕を名乗り歌舞伎座『天下茶屋』の下町娘で初舞台。その後第二回春秋座公演に参加、故市川猿翁に入門(この頃市川古登之助と名乗ったとする資料もあるが確認できず)。春秋座解散後一時映画に行く。昭和8年前進座に入座し市川菊之助と名乗る。昭和30年8月二代目中村歌門を襲名。昭和40年前進座を退座、テレビ映画に出演。昭和41年4月より六代目中村歌右衛門の門下になる。昭和47年5月伝統歌舞伎保存会会員の第二次認定を受ける。

受賞:

昭和34年神戸新聞より『対面』の朝比奈で演技賞。昭和53年12月『桐一葉』の大野道軒で国立劇場奨励賞。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『助六由縁江戸桜』
    (左)十四代目守田勘弥【白酒売新兵衛実は曽我十郎】、(右)二代目中村歌門【通人里暁】

    昭和44年11月 歌舞伎座
  • 『阿国御前化粧鏡』
    二代目中村歌門【馬士駄荷蔵】

    昭和50年9月 国立劇場
  • 『妹背山婦女庭訓』吉野川
    (左)三代目中村梅花【侍女桔梗】、(中)二代目中村歌門【侍女小菊】、(右)現・中村芝翫【雛鳥】

    昭和45年10月 歌舞伎座

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ