歌舞伎 on the web

市村 鶴蔵 (初代)

いちむら つるぞう
本名秋田幸夫
屋号橘屋
定紋浮線橘
生没年月日 大正13(1924)年01月21日 ~ 平成27(2015)年12月26日
出身東京都

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

菊五郎劇団の老巧で、老け役や三枚目の手代敵などに欠かせない貴重な存在だった。『白浪五人男』の浜松屋番頭や『魚屋宗五郎』の父親太兵衛、『髪結新三』の家主女房おかくなどはこの人ならではの味があった。晩年は体調を崩し、長らく舞台から遠ざかったのが惜しまれる。最後の舞台は平成15年1月歌舞伎座『助六由縁江戸桜』の遣手お辰だった。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

大正13年1月21日生まれ。祖父は四代目尾上菊三郎。昭和5年4月、六代目尾上菊五郎の実妹の養子となり、東京劇場『お祭佐七』の鳶頭の倅(せがれ)で坂東亀之助を名のり初舞台。46年5月歌舞伎座『落人』の伴内ほかで初代市村鶴蔵と改名。47年5月伝統歌舞伎保存会会員の第二次認定を受ける。

受賞:

昭和50年と55年に国立劇場特別賞。59年国立劇場奨励賞。平成9年国立劇場優秀賞。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『新皿屋舗月雨暈』魚屋宗五郎  父親太兵衛

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ