歌舞伎 on the web

市村 橘太郎 (初代)

いちむら きつたろう
屋号橘屋
定紋三ッ脚橘
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼子役のころから舞台で活躍し、菊五郎劇団で立師の名人・坂東八重之助の厳しい指導を受けて修業した。立廻りと踊りの巧さは折り紙つきで、身のこなしが軽く、色気がある。芸熱心なので、世話物なら『お染の七役』の番頭善六や『青砥稿花紅彩画』浜松屋の番頭などのチャリがかった番頭役から、『黒手組曲輪達引』の白酒屋新兵衛のような渋い老け役まで、重要な役に抜擢されてきた。平成26年5月に幹部に昇進し、市村姓となった。ますます活躍が期待される。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和36年生まれ。子役として十七代目市村羽左衛門に入門、42年10月歌舞伎座『盛綱陣屋』の小三郎ほかで馬場正次の名で初舞台。43年4月歌舞伎座『逆櫓(さかろ)』の遠見で坂東うさぎを名のる。56年5月坂東橘太郎と改名。平成7年1月歌舞伎座『対面』の秦野四郎で名題昇進。平成26年5月歌舞伎座『魚屋宗五郎』の三吉と『矢の根』の馬士畑右衛門で市村橘太郎を名のり幹部昇進。

受賞:

▼昭和63年第九回松尾芸能賞新人賞。平成4年第十一回眞山青果賞助演賞。7年第一回日本俳優協会賞奨励賞、15年第九回日本俳優協会賞、平成28年1月と7月、29年11月に国立劇場優秀賞など多数。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『時今也桔梗旗揚』森蘭丸

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ