歌舞伎 on the web

中村 吉五郎 (二代目)

なかむら きちごろう
屋号播磨屋
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼立役。切れ長の鋭い目。面長で顎がとがっていて口が大きい。不敵な面構えだ。敵役や小悪党がよく似合う。『東海道四谷怪談』の関口官蔵や『与話情浮名横櫛』赤間子分などの憎まれ役にぴったり。巡業で『仮名手本忠臣蔵』七段目の斧九太夫に抜擢されて汗をかいていた。芸熱心で、どんな役にもなりきる気迫がいい。名題に昇進し、確実に芸域を拡げつつある。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和30年生まれ。53年6月東横劇場前進座公演で『百太郎騒ぎ』の土地の者、『水沢の一夜』の兵卒で初舞台。54年3月前進座付属養成所を修了、前進座入座。56年4月同座を退座し6月中村吉右衛門に入門。同年10月歌舞伎座『盲長屋梅加賀鳶(めくらながやうめがかがとび)』の町の者で中村吉次を名のる。平成10年9月二代目中村吉五郎を襲名し歌舞伎座『二條城の清正』の庄林隼人で名題昇進。

受賞:

▼平成7年国立劇場特別賞。8年同優秀賞。16年三穂津さくら賞。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『夏祭浪花鑑』なまこの八

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ