歌舞伎 on the web

上村 吉弥 (六代目)

かみむら きちや
屋号美吉屋
定紋折敷型世の字
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼門閥外から歌舞伎の世界に入り、十三代目仁左衛門のきびしい薫陶を受けて、期待に応える成長を見せた。先代上村吉弥に見込まれて、大きな名跡を継いだ。本領は女方だが、和事の二枚目もできる。美しい容姿に華があり、上方狂言に向いたはんなりと柔らかな色気があるのがいい。上方歌舞伎に欠かせぬ貴重な女方として、義太夫狂言の時代物の局や女房から、近松物の遊女や〈花車方〉の役、老け役まで、活躍の幅が広がりつつある。『伊勢音頭恋寝刃』の万野など、憎々しい中に色気がただよういい出来だった。『伽羅先代萩』の栄御前も高貴な雰囲気がいかにもその役らしく、格調があった。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和30年4月27日生まれ。48年8月片岡我當に入門し、同年10月大阪新歌舞伎座『新吾十番勝負』の寛永寺の僧ほかで片岡千次郎を名のり初舞台。62年名題披露。平成5年11月南座『草摺引』の舞鶴ほかで六代目上村吉弥を襲名。

受賞:

▼昭和61年十三夜会賞奨励賞。同年咲くやこの花賞。62年大阪府民劇場奨励賞。平成9年国立劇場奨励賞。同年和歌山県文化奨励賞。11年歌舞伎座賞。14年松竹会長賞。19年国立劇場優秀賞。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『天守物語』富姫奥女中 薄

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ