歌舞伎 on the web

中村 吉右衛門 (二代目)

なかむら きちえもん
屋号播磨屋
定紋揚羽蝶、村山片喰
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール |  経歴 |  関連URL |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼現代歌舞伎を代表する立役の一人。堂々たる体躯と陰影に富む演技、滋味あふれるセリフの巧さは定評がある。父・松本白鸚と義父・初代中村吉右衛門の芸風を見事に継承し、自家薬籠中のものとした。『仮名手本忠臣蔵』の大星由良之助、『義経千本桜』渡海屋・大物浦の知盛、『俊寛』の俊寛僧都などをはじめとして、義太夫狂言の時代物の立役ではいまや第一人者。『金閣寺』の松永大膳のような〈国崩し〉といわれる大敵や、『東海道四谷怪談』の伊右衛門、『色彩間苅豆』の与右衛門のような白塗りの〈色悪〉もいい。世話物では『極付幡随長兵衛』の幡随院長兵衛など、また『隅田川続俤』の法界坊のような三枚目の役どころまで、幅広い芸域で代表作も多い。『井伊大老』の井伊直弼、『御浜御殿綱豊卿』の徳川綱豊など、近代的な人物像の造形の深さは比類ない。池波正太郎原作のテレビドラマ『鬼平犯科帳』でも有名。

プロフィール |  経歴 |  関連URL |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和19年5月22日生まれ。八代目松本幸四郎(初代白鸚)の次男。祖父の初代吉右衛門の養子となる。23年6月東京劇場『俎板長兵衛』の長松ほかで中村萬之助を名のり初舞台。41年10月帝国劇場『金閣寺』の此下東吉ほかで二代目中村吉右衛門を襲名。

受賞:

▼昭和59年と平成7年に眞山青果賞大賞を2回受賞。59年度日本芸術院賞。平成3年松尾芸能賞大賞。7年読売演劇大賞優秀男優賞。14年度芸術祭賞演劇部門大賞。同年日本芸術院会員。15年と21年に読売演劇大賞選考委員特別賞。18年度第48回毎日芸術賞、第6回朝日舞台芸術賞。23年重要無形文化財(人間国宝)。27年第31回浅草芸能大賞、28年早稲田大学芸術功労者表彰など多数。著書『半ズボンをはいた播磨屋』(平成5年、淡交社、平成12年PHP文庫から復刊)。松貫四の名で『再桜遇清水(さいかいざくらみそめのきよみず)』『日向嶋景清』『閻魔と政頼』などの脚本も執筆。

プロフィール |  経歴 |  関連URL |  舞台写真 |  ページ先頭へ

関連URL

役員紹介  

プロフィール |  経歴 |  関連URL |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『双蝶々曲輪日記』引窓 南与兵衛後に南方十次兵衛
  • 『夏祭浪花鑑』団七九郎兵衛

プロフィール |  経歴 |  関連URL |  舞台写真 |  ページ先頭へ