歌舞伎 on the web

尾上 菊五郎 (七代目)

おのえ きくごろう
屋号音羽屋
定紋重ね扇に抱き柏、四ツ輪
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール |  経歴 |  関連URL |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼立役、女方。現代歌舞伎を代表する俳優の一人。江戸前の颯爽とした芸風と美しい容姿。綺麗でよく通る声。女方から二枚目、色悪、立役から座頭(ざがしら)役まで、幅広く演じて余すところがない。代表作に『白浪五人男』の弁天小僧菊之助、『勧進帳』の富樫と義経、『仮名手本忠臣蔵』の判官と勘平、舞踊では『鏡獅子』や『色彩間苅豆』の与右衛門など、数多くの当たり役がある。国立劇場における『二蓋笠柳生実記(にかいがさやぎゅうじっき)』『噂音菊柳澤騒動(かねてきくやなぎさわそうどう)』など、復活狂言や新作にも積極的に取り組んでいる。近年さらに古典的な安定感と味わいの深さを増してきた。現在の歌舞伎役者の中でも「江戸っ子」のイメージを最も満足させてくれる人。その気っ風のよさは類を見ない。菊五郎劇団を統率し、古典歌舞伎の継承と後進の指導育成にも尽力している。

プロフィール |  経歴 |  関連URL |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和17年10月2日生まれ。七代目尾上梅幸の長男。23年4月新橋演舞場『助六曲輪菊(すけろくくるわのももよぐさ)』の禿(かむろ)で五代目尾上丑之助を名のり初舞台。40年5月歌舞伎座『対面』の十郎ほかで四代目尾上菊之助を襲名。48年10・11月歌舞伎座『弁天娘女男白浪』の弁天小僧菊之助ほかで七代目尾上菊五郎を襲名。

受賞:

▼昭和60年度芸術選奨文部大臣賞。61年度日本芸術院賞。平成2年第十一回松尾芸能賞大賞。12年日本芸術院会員。13年第九回読売演劇大賞優秀男優賞。15年重要無形文化財保持者(人間国宝)。21年第50回毎日芸術賞。27年文化功労者。28年第67回NHK放送文化賞。

プロフィール |  経歴 |  関連URL |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール |  経歴 |  関連URL |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『梅雨小袖昔八丈』髪結新三
  • 『身替座禅』山蔭右京

プロフィール |  経歴 |  関連URL |  舞台写真 |  ページ先頭へ