歌舞伎 on the web

片岡 亀蔵 (四代目)

かたおか かめぞう
屋号松島屋
定紋銀杏丸
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼面長でぎょろりとした大きな眼、横一文字に結んだ分厚い唇。立派な敵役の役者顔だ。『寺子屋』の春藤玄蕃など、いかにも憎々しげに演じて、さりげない愛嬌とユーモアがある。『吉野山』の逸見藤太のような半道敵にも向く。世話物の若い者では江戸の下町の懐かしい匂いがする。新作もいい。『野田版 研辰の討たれ』のからくり人形の鬼気迫る演技は強烈だった。今後ますます貴重な存在となっていくだろう。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和36年9月15日生まれ。五代目片岡市蔵の次男。40年12月歌舞伎座『忠臣蔵』の天川屋義平の一子・由松で片岡二郎を名のり初舞台。44年11月歌舞伎座『弁天娘女男白浪』の丁稚三吉ほかで四代目片岡亀蔵を襲名。平成7年、名題昇進。

受賞:

▼昭和42年と平成5年に国立劇場奨励賞。7年と11年に歌舞伎座賞。10年眞山青果賞助演賞。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『本朝廿四孝』十種香  白須賀六郎

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ