歌舞伎 on the web

坂東 亀三郎 (五代目)

ばんどう かめさぶろう
屋号音羽屋
定紋鶴の丸、八重かたばみ
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール |  経歴 |  関連URL |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼立役。順序正しく役を経験し、着実に成長してきた。父譲りの爽やかな口跡と、衒(てら)いのない真っ直ぐな芸。『仮名手本忠臣蔵』大序の足利直義を規格正しく演じる一方で『落人』の鷺坂伴内にも挑戦するなど、一つ一つの役に真摯に取り組む。『加賀見山旧錦絵(かがみやまこきょうのにしきえ)』の牛島主税のような赤ッ面の敵役もいい。『暫』の腹出しのきっかりとした演技と甲のきいたセリフは高い評価を得た。国立劇場の歌舞伎鑑賞教室では『壺坂』の沢市を好演。今後もますます楽しみな存在だ。

プロフィール |  経歴 |  関連URL |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和51年6月29日生まれ。八代目坂東彦三郎の長男。56年12月国立劇場『寺子屋』の寺子で初お目見得。57年5月歌舞伎座『淀君情史』の亀丸で五代目坂東亀三郎を名のり初舞台。

受賞:

▼昭和60年と62年に国立劇場特別賞。

プロフィール |  経歴 |  関連URL |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール |  経歴 |  関連URL |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『梶原平三誉石切』 俣野五郎景久

プロフィール |  経歴 |  関連URL |  舞台写真 |  ページ先頭へ