歌舞伎 on the web

實川 延郎 (二代目)

じつかわ えんろう
屋号河内屋
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼立役。故・三代目實川延若(えんじゃく)に師事した。真面目で実直な人柄が舞台にそのまま出る。町人でも武士でも、どんな役でも主役の邪魔にならず、さりげなく演じて温かみがある。『雁のたより』の家臣なども、よく似合う。『女殺油地獄』の茶屋の亭主で、のんびりした野崎参りの雰囲気を自然に出していた。地味だが大切なわき役である。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和17年生まれ。三代目實川延若に入門、40年2月歌舞伎座で實川若蔵(じゃくぞう)を名のり『時雨の炬燵(しぐれのこたつ)』の紙買で初舞台。54年4月歌舞伎座で實川延郎と改め名題昇進。

受賞:

▼昭和42年10月、46年12月国立劇場奨励賞。51年4月国立劇場特別賞。平成9年第十六回眞山青果賞助演賞。27年第二十回日本俳優協会賞。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『双蝶々曲輪日記』引窓 南与兵衛後に南方十次兵衛

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ