歌舞伎 on the web

市川 門之助 (八代目)

いちかわ もんのすけ
屋号瀧乃屋
定紋四ツ紅葉
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼二枚目と女方を兼ねる。面長で古風な容貌におっとりとした品位があり、どんな役でも風情と愁いが漂う。二枚目なら江戸和事の風情がある商家の若旦那や若殿が、女方ならしっとりした若女房がよく似合う。前髪の若衆もよく映る。『競伊勢物語(はでくらべいせものがたり)』の在原業平・豆四郎の二役、『伊勢音頭恋寝刃』の万次郎、『修禅寺物語』の源頼家、『桜姫東文章(さくらひめあずまぶんしょう)』の粟津七郎などは、この人ならではの存在感を活かした適役だった。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和34年9月24日生まれ。七代目市川門之助の長男。44年2月歌舞伎座『義経千本桜』鮓屋の六代君ほかで二代目市川小米を名のり初舞台。平成2年12月歌舞伎座『義経千本桜』四の切の義経で八代目市川門之助を襲名し名題昇進。

受賞:

▼昭和47年国立劇場奨励賞。平成2年歌舞伎座奨励賞。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『芦屋道満大内鑑』葛の葉  安倍保名

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ