歌舞伎 on the web

中村 梅枝 (四代目)

なかむら ばいし
屋号萬屋
定紋桐蝶

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼若女方。面長で鼻筋の通った端正な顔に優しげな憂いがあり、白塗りがよく似合う。若衆もいける。この数年、順調に役をこなし、一歩ずつ着実に階段を上がってきた。父・時蔵の厳しい指導のもとで身につけた規格正しい正統派の演技が、見ていて気持ちがよい。『嫗山姥』の澤潟姫、『加賀見山旧錦絵』の大姫など、時代物の赤姫に古典的な品格がある。『寿曾我対面』の少将も、江戸の顔見世狂言の華やかさがあった。その一方で『天衣紛上野初花−河内山』の腰元浪路や『盲長屋梅加賀鳶』のお朝のような世話物の娘方もいい。『盟三五大切』の芸者菊野では、新鮮な若い芸者の色気を見せた。舞踊も得意。これからの成長が楽しみな若手花形。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼中村時蔵の長男。昭和62年11月22日生まれ。平成3年6月歌舞伎座『人情裏長屋』の鶴之助で初お目見得。6年6月歌舞伎座〈四代目中村時蔵三十三回忌追善〉の『幡随長兵衛』の倅(せがれ)長松と『道行旅路の嫁入』の旅の若者で四代目中村梅枝を襲名し初舞台。

受賞:

▼平成17年10月と18年12月に国立劇場奨励賞。21年3月同優秀賞。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『身替座禅』侍女小枝

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ