歌舞伎 on the web

尾上 梅之助 (三代目)

おのえ うめのすけ
屋号音羽屋
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼女方。ベテランだが、いつまでも明るく若々しい風姿で、振袖新造やとき色の腰元姿がよく似合う。『黒手組助六』の新造などが本役で、安心して見ていられる。近年は『鏡獅子』の局吉野でも、しっとりと落ち着いた雰囲気が出てきた。故・梅幸のもとで修業しただけに嫌みのない芸で、菊五郎劇団得意の江戸の世話物にも欠かせぬ存在。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和43年4月七代目尾上梅幸に入門。44年1月歌舞伎座にて尾上音女(おとめ)を名のり『井筒業平河内通(いづつなりひらかわちがよい)』の腰元ほかで初舞台。53年2月歌舞伎座で尾上梅之助と改名。平成3年2月名題昇進。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『松竹梅湯島掛額』友達娘おしも

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ