歌舞伎 on the web

中村 芝喜松 (二代目)

なかむら しきまつ
屋号成駒屋
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼女方。面長であごのしゃくれた古風な顔立ちに、ちょっと寂しげな風情がある。芝翫一門の師匠番だった中村梅花(ばいか)の前名を継いだ。いまや一門のベテランだ。いかにも成駒屋らしい上品で行儀のいい芸。腕の確かさは定評がある。粋な芸者や腰元、年増の武家女房がよく似合う。『直侍』の新造千代春なども持ち役になるだろう。『助六』なら傾城より番頭新造の黒の着付がよく似合う。『忠臣蔵』六段目のおかやや『野崎村』の後家お常など、わきの女方の大役を勤める機会も多くなった。師・芝翫や福助の後見もつとめる。大成が期待される。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和25年生まれ。49年国立劇場第二期歌舞伎俳優研修修了。4月国立劇場『妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)』の腰元ほかで山崎隆の名で初舞台。50年4月七代目中村芝翫に入門し、中村芝喜松を名のる。平成3年4月歌舞伎座『野崎村』下女およしほかで名題昇進。

受賞:

▼『葛の葉』の庄司の奥方、『小栗栖(おぐるす)の長兵衛』の女房おくろ、『沓手鳥孤城落月(ほととぎすこじょうのらくげつ)』の梶の葉などで平成11年第五回日本俳優協会賞。ほかに国立劇場特別賞、同奨励賞などを何度も受賞。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『南総里見八犬伝』 荘官女房亀篠

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ