歌舞伎 on the web

中村 小三郎 (初代)

なかむら こさぶろう
屋号中村屋
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール |  経歴 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼立役。十七代目勘三郎の薫陶を受けたベテラン。十八代目勘三郎にも信頼されていた。『人情噺文七元結』で家主甚八に抜擢され、下町の人情を感じさせる好演を見せた。待望の名題昇進を果たしたが、披露の舞台で『刺青奇偶』の船頭と『浮かれ心中』の読売屋の飄々とした味のある演技が印象に残る。個性的な役者として、今後のさらなる精進が期待される。勘九郎・七之助の世話役としても大切な人。

プロフィール |  経歴 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和24年生まれ。49年国立劇場第二期歌舞伎俳優研修修了。4月国立劇場『妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)』の捕手で加藤廣文の名で初舞台。52年10月十七代目中村勘三郎に入門、11月歌舞伎座『忠臣蔵』の大名ほかで中村仲二朗を名のる。平成20年4月歌舞伎座で中村小三郎を名のり名題昇進。

プロフィール |  経歴 |  ページ先頭へ