歌舞伎 on the web

松本 高麗五郎 (三代目)

まつもと こまごろう
屋号高麗屋
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼立役。高麗屋一門のベテラン。長年師事してきた故・松本白鸚ゆずりの、生真面目で武骨な芸風。後ろ姿も驚くほど師匠に似ている。時代物の武士や商家の番頭がよく似合う。老けの武士を演じても、人生の歳月がにじまむ枯れた味が出てきた。『仮名手本忠臣蔵』進物場の加古川本蔵など、誠実な芸風がよく活きていた。また『仮名手本忠臣蔵』七段目の鷺坂伴内や『与話情浮名横櫛』の番頭藤八など、半道敵にも芸域を広げて健闘している。器用な方ではないが、何の役でも「心」を大切に演じる人。素顔は俳句をたしなみ、モダンジャズに詳しい趣味人。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和14年生まれ。35年八代目松本幸四郎(初代白鸚)に入門、松本錦一を名のり歌舞伎座『盛綱陣屋』の武士で初舞台。46年12月帝国劇場『忠臣蔵』七段目の千崎弥五郎で二代目松本幸太郎と改め名題昇進。平成26年11月歌舞伎座で三代目松本高麗五郎を名のる。

受賞:

▼昭和39年東宝劇団で努力賞。43年国立劇場奨励賞。62年眞山青果賞奮闘賞、平成9年同助演賞。15年11月、24年11月国立劇場優秀賞。17年第十一回日本俳優協会賞。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『傾城反魂香』吃又 浮世又平

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ