歌舞伎 on the web

市川 弘太郎 (初代)

いちかわ こうたろう
屋号澤瀉屋
定紋雪輪に立澤瀉
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼立役・女方。日本舞踊の林千枝を伯母にもつだけあって、踊りが得意。舞台度胸もあり、猿翁一門の若手の成長株として期待されている。前髪の若衆や初々しい若侍、世話物の若い者などを一生懸命演じて、少しずつ活躍の範囲を広げてきた。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和58年6月29日生まれ。平成5年8月国立劇場〈市川右近の会〉『勧進帳』の太刀持で三浦弘太郎の名で初舞台。7年7月市川猿之助(現・猿翁)の部屋子となり『小猿七之助』の日吉丸で市川弘太郎を名のる。25年1月大阪松竹座『毛抜』の八剣数馬ほかで名題昇進。

受賞:

▼平成7年4〜5月新橋演舞場『ヤマトタケル』のヘタルベで奨励賞。19年3月『蓮絲恋慕曼荼羅』の国原小太郎正常で国立劇場奨励賞。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『ヤマトタケル』ヘタルベ

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ