歌舞伎 on the web

河原崎 権十郎 (四代目)

かわらさき ごんじゅうろう
屋号山崎屋
定紋八ツ花菱に二ツ巴、菱宝結び
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼父・十七代目市村羽左衛門ゆずりの、真面目で規格正しい演技とよく通る声。『石切梶原』の俣野や『馬盥(ばだらい)』の森蘭丸など気性の激しい荒若衆が持ち役。『暫』の成田五郎もベリベリとした敵役の色気がある。いつまでも若々しい芸風で、世話物なら『魚屋宗五郎』の若い者三吉などよく似合う。いかにも菊五郎劇団育ちらしいイキの良さが魅力だ。元来器用な方ではないが、『二蓋笠柳生実記(にかいがさやぎゅうじっき)』の山住当六のような、ちょっと三枚目がかった敵役も面白く演じるようになってきた。重要な名跡を継いで、これからますますの精進と活躍が期待される。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和29年2月6日生まれ。十七代目市村羽左衛門の三男。長兄に坂東彦三郎、次兄に市村萬次郎がいる。35年9月明治座『土蜘』の石神で初お目見得。 36年6月歌舞伎座の『口上』で坂東正之助を名のり初舞台。平成元年『双蝶々曲輪日記』放駒長吉ほかで名題昇進。15年5月歌舞伎座『幡随長兵衛』の水野十郎左衛門ほかで四代目河原崎権十郎を襲名。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『寿曽我対面』小林朝比奈

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ