歌舞伎 on the web

大谷 桂三 (初代)

おおたに けいぞう
屋号十字屋
定紋巴の二重丸
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼立役。子役から積み重ねてきた修業の成果が、地味だが安定した歌舞伎味となって、品のいい誠実な芸を見せてくれる。近年は吉右衛門と一座することが多くなった。いいわき役としての活躍が期待される。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和25年6月11日生まれ。新派の名わき役だった春本泰男の三男。31年1月新橋演舞場で初舞台。二代目尾上松緑の部屋子となり、34年3月尾上松也を名のる。39年6月十四代目守田勘弥の芸養子となり、歌舞伎座『心中刃は氷の朔日(しんじゅうやいばはこおりのついたち)』の秀吉ほかで四代目坂東志うかを襲名。48年10月御園座『女暫』の紅梅姫で大谷桂三と改名。一時期、舞台を離れていたが、平成6年11月、十五年ぶりに復帰。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『石川五右衛門』 呉羽中納言氏定

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ