歌舞伎 on the web

市川 右若 (二代目)

いちかわ うじゃく
屋号高嶋屋

プロフィール |  経歴 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼女方。しとやかで落ち着いた風姿と行儀のいい芸で、時代物の腰元も世話物の娘や新造、仲居などもよく似合う。踊りもいい。勉強会で『絵本太功記』十段目の母・操と『身替座禅』の侍女小枝を演じた。どちらかといえば古典派だが、スーパー歌舞伎も新作もできる。若女方として、今後の成長が期待される。師・市川右團次の後見もきちんと勤めて信頼されている。

プロフィール |  経歴 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和56年生まれ。平成9年7月市川右近に入門し、歌舞伎座『夏祭』の仲居ほかで初舞台。10年2月国立劇場〈春秋会公演〉『合邦』の腰元ほかで市川喜昇を名のる。25年1月大阪松竹座『毛抜』の腰元若菜で名題昇進。29年1月新橋演舞場で二代目市川右若を名のる。

プロフィール |  経歴 |  ページ先頭へ