歌舞伎 on the web

市川 喜猿 (五代目)

いちかわ きえん
屋号澤瀉屋

プロフィール |  経歴 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼立役。やや小柄だが目鼻立ちのスッキリした二枚目。立廻りも得意で、キレのいい動きが小気味いい。『伊達の十役』の金棒引と鳶の嘉藤太、『夏祭浪花鑑』の祭りの若い者と捕手などで活躍。芸熱心で、勉強会の『菅原伝授手習鑑』賀の祝では梅王丸にも挑戦した。名題に昇進し、今後の活躍が期待される若手立役の一人。

プロフィール |  経歴 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和50年生まれ。平成8年6月市川段四郎に入門し中日劇場『俊寛』の船頭で市川段三郎を名のり初舞台。15年7月市川猿之助(現・猿翁)門下となり、市川喜猿を名のる。27年7月歌舞伎座で名題昇進披露。

プロフィール |  経歴 |  ページ先頭へ