歌舞伎 on the web

中村 蝶紫 (初代)

なかむら ちょうし
屋号萬屋

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼女方。若手女方ながら落ち着いた臈たけた雰囲気がある。世話物なら芸者や町女房、時代物なら腰元やお局がよく似合う。舞台度胸があり、宿場女郎や仲居から汚れ役まで、どんな役でも工夫して演じて見せる。浅草歌舞伎で『身替座禅』の侍女小枝に、また新橋演舞場で『毛抜』の錦の前に抜擢された。名題昇進を機に、さらなる精進と成長が期待されている。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和44年生まれ。平成4年8月萬屋錦之介日本縦断公演で初舞台。5年2月中村歌昇(現・又五郎)に入門し、4月歌舞伎座『元禄忠臣蔵』大石最後の一日の細川家諸士で中村蝶紫を名のり歌舞伎の初舞台。14年1月から中村獅童一門となる。19年12月歌舞伎座『ふるあめりかに袖はぬらさじ』の日本人遊女松島で名題昇進。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『西郷と豚姫』舞妓豆蝶

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ