歌舞伎 on the web

坂東 三津五郎 (八代目)

ばんどう みつごろう
本名守田俊郎
俳名・舞踊名俳名は是好、舞踊名は八代目坂東三津五郎
屋号大和屋
定紋三つ大、かつみ(角切角に梶ノ葉)
生没年月日 明治39(1906)年10月19日 ~ 昭和50(1975)年01月16日
出身東京

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

踊りの名人といわれ、歌舞伎の故実にも詳しい父・七代目三津五郎の薫陶を受けて育った。

少年時代は小山内薫の私塾で学び、青年時代には劇団「新劇場」を結成し『ボギー』等の翻訳劇を上演。昭和8年に番匠谷英一脚本の『源氏物語』上演を試みるが、初日直前に警視庁の命令で上演が中止となった。青年歌舞伎で活躍後、東宝に移籍し、『義経千本桜』のレビュー化を手掛けたり、日華事変に従軍して帰国後に戦況報告劇『上海』を上演するなど、進取の気性に富んだところを見せた。松竹に復帰後は、戦前から戦後にかけて関西に移り住み、武智鉄二の主宰・演出による実験的な歌舞伎公演、いわゆる「武智歌舞伎」に協力し、後進の指導に当たった。また、文楽三味線の野澤松之輔と組んで『猩々』『龍虎』の新作舞踊を作ったりしている。

その後東京に戻り、昭和37年歌舞伎座『喜撰』の喜撰法師などで、前年に没した父のあとを継いで八代目坂東三津五郎を襲名した。また、舞踊の坂東流家元として、舞踊にも力を入れた。若い頃から老け役を演じたが、年輪を重ねて芸に滋味と風格が加わり、『野崎村』の久作、『賀の祝』の白太夫、『摂州合邦辻』の合邦、『三人吉三巴白浪』の伝吉、『女殺油地獄』の徳兵衛など、時代物・世話物ともに滋味のある老人役を見せた。また敵役でも優れた演技を見せ、『実盛物語』の瀬尾十郎や『俊寛』の瀬尾太郎、『助六』の意休などで舞台に厚みを加えた。

若い頃は理論が先走った感を持たれることもあったが、年を重ねるとともに豊富な知識と研究心は役々に活かされた。古文献から古美術まで幅広い知識を持ち、茶人としても一流で、故実に通じた博識から「歌舞伎の生き字引」と言われた。『戲場戲語』『歌舞伎 虚と実』『歌舞伎 花と実』や武智鉄二との対談『芸十夜』など、多数の著書を残した。話術も巧みで、ラジオ番組も持っていた。『食い放題』等の著書を持つ食通でもあり、一流料亭の料理長に教えるほどの腕自慢だったが、昭和51年1月京都南座に出演中、急逝したのが悔やまれる。

九代目坂東三津五郎は娘婿。

【粟屋朋子】

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

明治43年七代目坂東三津五郎の養子となる。大正2年1月三代目坂東八十助を名乗り市村座『奴凧』で初舞台。少年期は小山内薫の私塾で学ぶ。昭和3年6月明治座『鞍馬源氏』(岡鬼太郎作)の牛若丸で六代目坂東簑助を襲名。昭和7年新宿第一劇場を本拠とする青年歌舞伎の一員となり、一方、同年6月には中村もしほ(のち十七代目勘三郎)、中村又五郎、杉村春子らと「新劇場」結成。昭和10年6月青年歌舞伎を脱退、東宝劇団(第一次)に参加、昭和14年12月松竹に復帰。昭和15年5月関西歌舞伎に移籍し戦中戦後の関西歌舞伎の軸となる。昭和36年に東京に戻り、昭和37年9月歌舞伎座『喜撰』の喜撰法師、『御所五郎蔵』星影土右衛門等で八代目坂東三津五郎を襲名。昭和40年4月伝統歌舞伎保存会会員の第一次認定を受ける。

受賞:

昭和23年6月、昭和24年1月、昭和24年4月大阪日々新聞創設第三賞文化牌受賞。昭和37年6月毎日芸術賞。昭和40年4月重要無形文化財保持者として認定書受領。昭和38年度十三会夜年間大賞。昭和39年11月紺綬褒章。昭和41年5月日本芸術院賞。昭和44年第17回エッセイストクラブ賞を『戯場戯語』により受賞。同年名古屋演劇ペンクラブ年間賞。昭和45年紫綬褒章。昭和46年第22回NHK放送文化賞。同年名古屋演劇ペンクラブ賞。昭和48年重要無形文化財保持者個人指定(人間国宝)に認定。

著書・参考資料など:

昭和38年『父三津五郎』(八代目坂東三津五郎口述・小島二朔編、演劇出版社)、昭和40年『聞きかじり見かじり読みかじり』(三月書房、平成12年新版発行)など多数。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『艶容女舞衣』酒屋
    (左から二人目)六代目中村歌右衛門【半七女房お園】、(右から二人目)五代目嵐璃■【半兵衛女房お幸】、(右)八代目坂東三津五郎【茜屋半兵衛】 ※■は王偏に玉

    昭和48年1月 歌舞伎座
  • 『桜姫東文章』
    (右)八代目坂東三津五郎【釣鐘の権助】、(中)三代目河原崎権十郎【有明の仙太郎実は粟津七郎】、(左)八代目澤村宗十郎【葛飾のお十】

    昭和42年3月 国立劇場
  • 『天衣紛上野初花』
    (左)八代目坂東三津五郎【家老高木小左衛門】、(右)二代目尾上松緑【松江出雲守】

    昭和40年3月 歌舞伎座
  • 『寒山拾得』
    (左)七代目坂東三津五郎【寒山】、(右)八代目坂東三津五郎【拾得】
  • 『仮名手本忠臣蔵』三段目
    (左)十三代目片岡仁左衛門【塩冶判官】、(右)八代目坂東三津五郎【高師直】

  • (左)二代目嵐みんし【亀井六郎】、(中央後)市川市十郎【片岡八郎】、(中央手前)二代目坂東吉弥【伊勢三郎】、(右)八代目坂東三津五郎【武蔵坊弁慶】

    昭和32年4月 中座

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ