歌舞伎 on the web

林 又一郎 (二代目)

はやし またいちろう
本名林長三郎
屋号成駒屋
定紋花菱三ツ蝶、又一イ菱
生没年月日 明治26(1893)年07月03日 ~ 昭和41(1966)年12月31日
出身大阪・南

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

大阪南区の玉屋町で、初代中村鴈治郎の長男として生れる。初舞台以来、本名林長三郎を芸名としてずっとその名で通してきたが、昭和17年、大阪歌舞伎座(千日前)で林又一郎を襲名する。これは、初代鴈治郎の母方の祖先が、出雲のお国と同じ頃の、京都四条河原の女歌舞伎の太夫元林又一郎だという縁で、祖先の名を世に出したのである。

父鴈治郎一座にあって、本領とした二枚目、若衆役では他の追随を許さず、特に所作事舞踊に勝れ、関西一の踊り手といわれ、東京の名人上手とも肩を並べた。若い頃は清新な意欲に溢れ、大正12年、研究劇団「五色座」を主宰し、新しい感覚を見せている。

父そっくりの風姿を受け継ぎ、その没後は面影を伝える役どころに期待をかけられながら、健康に恵まれず、十分に資質を生かしきれなかった。将来を嘱目されていた息子林敏夫を戦争で失い、気力も衰えたのであろうか、総領の風格を備えながら、鴈治郎の名も弟に譲った。そして、孫林与一の成長を楽しみとする晩年であった。昭和34年、明治39年以来松竹経営の京都南座顔見世興行の最多出演俳優として表彰を受けたあと、41年、同じ顔見世に『時平の七笑(しへいのななわらい)』の菅原道真役で出演することになっていたが、身体の不調で休演せざるを得なくなり、その暮れの大晦日に亡くなった。正月前のことであり、追悼記事も少なかった。傍目には悲運の役者とも見えるが、ご本人は終始鷹揚ににこやかに舞台を勤めていた。温厚篤実、長者の風格を備えた役者らしい役者であった。

もとより和事二枚目や所作事の役々に傑作が多かったが、『傾城反魂香(けいせいはんごんこう)』「吃又」の又平を特筆しておきたい。写実な熱演でいながら、独特の歌舞伎が溢れ、弟弟子に追い越され、師匠からも見放された、哀愁が見事に表現されていた。

又一郎こそ、持って生れた上方和事の骨法を生かし、克明な写実芸で独特の上方の芸を凝集させた真性の、そして絶後の上方役者であった。

【奈河彰輔】

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

初代中村鴈治郎の長男で、弟に二代目中村鴈治郎がいる。明治33年3月中座『本朝出世鑑』の一子捨松で本名で初舞台(明治34年12月南座『奥州安達原』三段目の袖萩娘お君で初舞台とする資料あり)。大正10年幹部昇進。大正12年5月中座で「五色座」を主宰。昭和17年10月大阪歌舞伎座『吉田屋』の伊左衛門などで二代目林又一郎を襲名。昭和33年8月第1回「七人の会」、昭和34年7月第2回「七人の会」に出演。昭和40年4月伝統歌舞伎保存会会員の第一次認定を受ける。俳優・林与一は孫に当たる。

受賞:

昭和28年2月『絵本太功記』十次郎で梅玉賞。昭和28年10月『鎌倉三代記』三浦之助で大阪市文化賞。昭和34年松竹経営の南座顔見世の最多出演者として表彰を受ける。昭和40年勲五等双光旭日章。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『妹背山婦女庭訓』道行恋苧環
    (左)十代目嵐雛助【入鹿の妹橘姫】、(右)二代目林又一郎【烏帽子折求女実は藤原淡海】

    昭和34年1月 中座(花梢会公演)
  • 『伊勢音頭恋寝刃』
    (左)二代目林又一郎【料理人喜助】、(中)十三代目片岡仁左衛門【福岡貢】、(右)十代目嵐雛助【油屋お紺】

    昭和39年7月 朝日座

  • (左)二代目林又一郎【料理人喜助】、(中)十三代目片岡仁左衛門【福岡貢】、(右)十代目嵐雛助【油屋お紺】

    昭和39年7月 朝日座

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ