歌舞伎 on the web

中村 時蔵 (四代目)

なかむら ときぞう
本名小川茂雄
屋号播磨屋
定紋揚羽蝶
生没年月日 昭和02(1927)年12月01日 ~ 昭和37(1962)年01月28日
出身東京・永田町

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

中村梅枝の時から美貌には定評があり、登場すると客席にジワが起きたほど。中村芝雀時代に一時映画『涙の花道』『紀州の暴れん坊』などの作品に出演したこともあったが、すぐに本業に戻り精進を続け、父が没して一周忌に芝雀の名跡を中村雀右衛門家へ返上し、四代目時蔵を襲名することになった。その前後からめきめきと腕を上げ、叔父十七代目中村勘三郎に望まれて長谷川伸作品の『檻』の五郎吉女房お若、『刺青奇偶(いれずみちょうはん)』の半太郎女房お仲などの相手役を務めて好評を博し、最後の舞台になったのも勘三郎初役の『梶原平三誉石切』の梢と『神明恵和合取組(かみのめぐみわごうのとりくみ)』の辰五郎女房お仲だった。

女形のホープとして人気実力とも充実してきたときだけに、その急逝を悲しむ声は多く、劇評家三宅周太郎は「……梢の美しさは、あれこそ現代の奇蹟と言えた。(略)しかし、真の奇蹟はそうそうありえるものではない。私が見た二十日後に、彼が死んだのは当然なのかもしれない。そしてそれが“神のいたづら”としても、余りに残酷すぎる。」(〈奇蹟の役者〉=「演劇界」昭和37年3月号)と追悼の文を書いている。確かに歌舞伎にとっては、あまりにも大きな痛手だった。

【松井俊諭】

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

三代目中村時蔵の二男。兄に二代目中村歌昇(廃業、四代目中村歌六追贈)、弟に初代中村獅童(廃業)、萬屋錦之介(前名・初代中村錦之助)、中村嘉葎雄(前名・賀津雄)がいる。昭和11年11月歌舞伎座『日招きの清盛』の六波羅の童で二代目中村梅枝を名乗り初舞台。中学在学中5年間舞台を休む。昭和28 年4月歌舞伎座『弁慶上使』腰元しのぶ、『忠臣蔵八段目道行』の小浪などで六代目中村芝雀を襲名、名題昇進。この頃テレビ、映画等にも出演。昭和35年4月歌舞伎座『妹背山婦女庭訓』三笠山御殿のお三輪、『嫗山姥』の八重桐などで四代目中村時蔵を襲名。長男は現中村時蔵、次男は現中村錦之助。

受賞:

昭和29年大谷会長賞。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『妹背山婦女庭訓』御殿
    (左)十四代目守田勘弥【官女桔梗の局】、(中)四代目中村時蔵【杉酒屋娘お三輪】、(右)二代目中村芝鶴【官女竹の局】

    昭和35年4月 歌舞伎座
  • 『仮名手本忠臣蔵』八段目(道行旅路の嫁入)
    (左)四代目中村時蔵【娘小浪】、(右)三代目中村時蔵【本蔵妻戸無瀬】

    昭和34年2月 歌舞伎座
  • 『恋女房染分手綱』重の井子別れ
    (左)現・中村歌六【自然薯の三吉】、(右)四代目中村時蔵【乳人重の井】

    昭和36年8月 札幌公楽劇場
  • 『嫗山姥』
    四代目中村時蔵【荻の家八重桐後に山姥】

    昭和35年5月 大阪新歌舞伎座
  • 『仮名手本忠臣蔵』二段目
    (左)四代目中村時蔵【娘小浪】、(右)十代目市川高麗蔵【大星力弥】

    昭和29年12月 歌舞伎座

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ