歌舞伎 on the web

市川 段四郎 (三代目)

いちかわ だんしろう
本名喜熨斗政則
俳名・舞踊名俳名は笑楽
屋号澤瀉屋
定紋三升に段の字、八重澤瀉
生没年月日 明治41(1908)年10月05日 ~ 昭和38(1963)年11月18日
出身東京・浅草

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

相似形と評された父二代目市川猿之助(後に猿翁)との共演による『二人三番叟』『連獅子』は代表的な名舞台。存在が大きかった父が演じる舞台で脇を固めることが多かったが、『御摂勧進帳』の弁慶、『矢の根』の五郎、『阿古屋』の岩永、『慶喜命乞』の村田新八郎など骨格のしっかりした豪快な役がはまった。父の意向で猿之助にならずに段四郎を襲名したが、その披露狂言には、父も猿之助襲名披露に演じた澤瀉屋の大事な作品、歌舞伎十八番『鎌髭』を選び、俵小藤太を父から譲られて勤めた。後に猿翁十種の一つとなる『黒塚』では、昭和14年11月東京劇場の初演以来、強力太郎吾を持ち役とした。昭和36年5月地方巡業では心臓病の父に代わって、後ジテの安達原の鬼女だけを代役した。

若いころは青年歌舞伎で大きな役を体験し、昭和10年6月新橋演舞場の『仮名手本忠臣蔵』の通しでは塩冶判官、由良之助、若狭之助、師直、直義、石堂、薬師寺、勘平、道行の伴内、千崎、定九郎を日替わりで挑戦し、総合的に高い評価を得た。また、叔父の八代目市川八百蔵(後の八代目市川中車)主宰の「黎明会」(昭和12年)に参加し、昭和25年ピカデリー劇場での実験劇場ではスタインベック作『廿日鼠と人間と』に出演している。澤瀉屋の血がそうさせるのか、新しい演劇への興味が非常に強かった。祖父二代目段四郎以来の家訓から立教中学を卒業したことと、十代最後に単身でヨーロッパ各地を廻ってさまざまな演劇を見聞してきたことで、視野を広げた表れであろう。

昭和36年に東宝に移籍し、歿するまで在籍した。映画の出演も多く、『喧嘩安兵衛』では中山安兵衛を主演。最晩年は病を得て舞台には立てなかった。昭和38年5月歌舞伎座の父と息子二人の襲名披露興行には出演できなかったが、やはり病気休演した猿翁が千秋楽までの三日間出演することになり、段四郎も自宅療養中の身をおして、ともに『襲名披露口上』の席に連なった。これが最後の舞台となり、半年後に歿した。才能を持ちながら父猿翁の陰に隠れ、目立つ存在にはなりえなかった優であった。その意味で本領を発揮する前に没したのが惜しい。弟に夭逝した三四助(みよすけ)がいた。昭和13年人気の映画女優高杉早苗と結婚し、子供は三人。長男が三代目市川猿之助、次男が四代目市川段四郎、長女が女優となった市川靖子。

【金森和子】

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

大正2年7月東京座『勢獅子』の鳶の者で二代目市川團子を襲名して初舞台。昭和3年7月左團次一座の訪ソ公演に参加、その後約半年間ヨーロッパをまわり演劇を見聞してきた。昭和5年10月歌舞伎座『鎌髭』田原小藤太で三代目市川段四郎を襲名。昭和26年東宝映画に出演、その後も舞台の合間に映画に出演する。父・二代目市川猿之助(のち初代猿翁)が座頭の昭和30年10月中国公演、昭和36年7月ソ連公演に参加。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『壇浦兜軍記』
    三代目市川段四郎【岩永左衛門】
  • 『連獅子』
    三代目市川段四郎【狂言師左近後に子獅子の精】
  • 『黒塚』
    三代目市川段四郎【強力太郎吾】
  • 『寿式三番叟』
    三代目市川段四郎【三番叟】

    昭和11年9月 歌舞伎座

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ