歌舞伎 on the web

守田 勘弥 (十四代目)

もりた かんや
本名守田好之
俳名・舞踊名俳名は秀佳
屋号喜の字屋
定紋丸にかたばみ(中が瓜実)、喜の字丸
生没年月日 明治40(1907)年03月08日 ~ 昭和50(1975)年03月28日
出身東京都

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

大正15年に養父・勘弥について帝国劇場に移り、帝国劇場一座解散後、昭和7年から昭和13年まで新歌舞伎座(新宿第一劇場)の青年歌舞伎で『寺子屋』の源蔵、『賀の祝』の桜丸、『白浪五人男』の弁天小僧や南郷力丸、『野崎村』の久松、『梅ごよみ』の丹次郎、『与話情浮名横櫛』の与三郎、『雪暮夜入谷畦道』の片岡直次郎などを演じ、華やかな二枚目役者として活躍。十五代目羽左衛門に容姿も似ていて、その当たり役を演じたことから、「16ミリ羽左衛門」と呼ばれていた。勘弥を襲名したときには、その羽左衛門が口上を述べている。昭和12年9月に新派の初代水谷八重子と結婚。二人の子がのちの二代目水谷八重子(前名水谷良重)である。青年歌舞伎が解散すると、活躍の場を失ったこともあり、長い不遇の時代を迎える。昭和25年には八重子とも離婚し、実力がありながら大役がつかず、器用貧乏と言われ、歌舞伎俳優を廃業しようかと悩んだこともあったという。しかしこの時期にさまざま役を演じることで芸域を広げ、実力を蓄積し、芸に陰影と深みを加えていった。昭和33年3月新橋演舞場の『仮名手本忠臣蔵』で、一座の中村歌右衛門、松本幸四郎らがインフルエンザで次々に休演したとき、石堂、定九郎、不破のほか、塩冶判官、『落人』の勘平、若狭之助、由良之助の代役を次々に演じこなしたのは、歌舞伎俳優の底力を見せる快挙だった。昭和41年に国立劇場が開場してからは復活通し狂言で活躍した。昭和42年の『桜姫東文章』では清玄を、また『曽我綉侠御所染』では百合の方と御所五郎蔵を演じるなど、古典歌舞伎の造詣の深さと蓄積された実力を発揮し、大きな成果を挙げた。すっきりとした容姿を活かし、艶やかで柔らかな二枚目を得意としたが、『髪結新三』では本役の忠七のほかに家主でも好演したり、『仮名手本忠臣蔵』の本蔵、『一谷嫩軍記』の弥陀六などから『盛綱陣屋』の微妙、『道明寺』の覚寿など、男女の老け役を勤めるなど、幅広い役柄で活躍し、独特の味わいを見せた。
養子に五代目坂東玉三郎がいる。

【粟屋朋子】

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

大正3年7月四代目坂東玉三郎を名乗り歌舞伎座『天下茶屋』の伜万吉で初舞台。大正14年松本金太郎(のちの十一代目市川團十郎)らと研究劇団「つぼみ座」を結成。大正15年1月帝国劇場『鞍馬山』の牛若丸で三代目坂東志うかを襲名、名題昇進。昭和10年1月歌舞伎座『三日太平記』の小西行長で十四代目守田勘弥を襲名。昭和40年4月伝統歌舞伎保存会会員の第一次認定を受ける。

受賞:

昭和41年第12回テアトロン賞。昭和45年紫綬褒章。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『江戸育お祭佐七』
    十四代目守田勘弥【お祭佐七】

    昭和36年10月 東横ホール
  • 『伊勢音頭恋寝刃』
    (左)三代目尾上多賀之丞【仲居万野】、(右)十四代目守田勘弥【福岡貢】

    昭和42年7月 歌舞伎座
  • 『曽我綉侠御所染』
    十四代目守田勘弥【御所五郎蔵】

    昭和42年12月 国立劇場
  • 『籠釣瓶花街酔醒』
    十四代目守田勘弥【繁山栄之丞】

    昭和47年10月 国立劇場
  • 『籠釣瓶花街酔醒』
    (左)六代目中村歌右衛門【兵庫屋八ッ橋】、(右)十四代目守田勘弥【繁山栄之丞】

    昭和39年5月 歌舞伎座
  • 『与話情浮名横櫛』源氏店
    (左)十四代目守田勘弥【切られ与三郎】、(右)七代目嵐吉三郎【蝙蝠安】

    昭和36年10月 東横ホール

  • (左)十四代目守田勘弥【官女桔梗の局】、(中)四代目中村時蔵【杉酒屋娘お三輪】、(右)二代目中村芝鶴【官女竹の局】

    昭和35年4月 歌舞伎座
  • (左)十四代目守田勘弥【白酒売新兵衛実は曽我十郎】、(右)二代目中村歌門【通人里暁】

    昭和44年11月 歌舞伎座
  • (左)三代目尾上鯉三郎【車力善八】、(中)五代目片岡愛之助【家主女房おかく】、(右)十四代目守田勘弥【家主長兵衛】

    昭和40年5月 歌舞伎座

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ