歌舞伎 on the web

中村 歌昇 (二代目)

なかむら かしょう
本名小川貴智雄
屋号播磨屋
定紋揚羽蝶
生没年月日 大正14(1925)年07月15日 ~ 昭和48(1973)年07月20日

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

昭和27年11月末の二日間、二代目中村又五郎を中心に当時の中村吉右衛門劇団、市川猿之助劇団の若手俳優を集めた研究公演「梨苑会」が一ツ橋共立講堂で催されたとき、近松門左衛門の『大名なぐさみ曽我』が復活上演されたが、この中で演じた大名の役が傑作だった。よく元禄歌舞伎の鷹揚な味を出していて、種太郎時代の当たり芸といっていいだろう。

幼時の病気のために手足が不自由だったので、舞台に出ていてもひけ目を抱いているように見えたのが、このころから自信を取り戻したようで歌昇襲名に至ったという。芸熱心なことは人一倍で、『夏祭』の義平次をやってみたいと意欲を洩らしていたことがある。30 年代に入ると、弟中村錦之助(萬屋錦之介)の活躍に刺激され、映画に数本出演したこともあった。その後、歌舞伎に専念するようになったが、身体のマイナス面は如何ともしがたく、ついに俳優をやめ、シナリオ作家に転向。映画・テレビを中心としながら、父三代目時蔵の追善興行には故人の当たり芸を集めた『偲草姿錦絵』(39年7月)を構成、また錦之助公演のために『殿さま弥次喜多』などの脚本を書いている。

日常は快活で話し好き。子煩悩で、その可愛がられた子供たちが成長して、現在は長男が五代目中村歌六、次男が三代目中村歌昇として活躍している。

【松井俊諭】

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

三代目中村時蔵の長男。弟に四代目中村時蔵、初代中村獅童(廃業、現獅童の父)、萬屋錦之介、中村嘉葎雄がいる。昭和11年11月歌舞伎座『日招きの清盛』の六波羅の童で三代目中村種太郎を名乗り初舞台。戦後2年間菊五郎劇団に所属したあとは、もっぱら父と一座し、昭和28年4月歌舞伎座『だんまり』の仁田の息忠胤、『暫』の鹿島入道、『道行旅路の嫁入』の奴時平で二代目中村歌昇を襲名。健康を害したため歌舞伎俳優を廃業し、テレビ映画の脚本家に転じ、没後四代目中村歌六を追贈される。長男は現中村歌六、次男は現中村又五郎。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『嫗山姥』
    二代目中村歌昇【太田十郎】

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ