歌舞伎 on the web

坂東 三津之助 (三代目)

ばんどう みつのすけ
本名山田高義
屋号大和屋
定紋三ッ大、花かつみ
生没年月日 昭和37(1962)年01月19日 ~ 平成25(2013)年11月16日
出身東京都

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

 十歳で七代目坂東簑助(九代目坂東三津五郎)に入門、翌年坂東みの虫を名のって初舞台という、子役からたたき上げの腕達者。
 目鼻立ちが派手で色浅黒く、小柄だがきびきびした動きは立廻り上手の若手として抜きんでた存在だった。タテの名人坂東八重之助最晩年の教え子だ。『蘭平物狂』「奥庭」の場で井戸の屋根→石燈籠→所作舞台へと順に返り落ちするとんぼの鮮かさ。六人、七人を並べた捕手の上の返り越しなど、折々の切れの良いタテが目に浮かぶ。国立劇場養成課の立廻りの講師を務めていたのもうなずける。
 目付きが鋭く、意志の強そうな面構えで、世話物の手先や『青砥稿花紅彩画』の子分狼悪次郎など小悪党がぴったり。反面『番町皿屋敷』の奴権六では主人大事と勤める実直な若党も仁にあっていた。舞踊も得意で、夏の若手勉強会の『菅原伝授手習鑑』「車引」の梅王丸では形の良さに舞踊の素地が生かされていた。現三津五郎の舞踊の後見としてもなくてはならない存在であった。
 みの虫の色黒、うさぎ(現坂東橘太郎)の色白のオセロコンビは菊五郎劇団若手を応援する女性ファンのあいだで長年のアイドルだった。同学年の二人はコロコロした体軀で童顔。大きな荷物を抱えて歌舞伎座近くの三原橋交番で不審尋問に呼びとめられたのは一つ話。家出少年に名を問えば「みの虫にうさぎ」は、ふざけすぎと怒られたとか。
 そのみの虫こと三津之助が立廻りや舞踊に加えて、地芸にもきりりとした江戸前の味をみせはじめたのも束の間、五十一歳での死はあまりにも残念だ。最後の舞台は死の一と月前、国立劇場『一谷嫩軍記』の百姓粟八、『春興鏡獅子』の用人関口十太夫であった。

【小宮暁子】

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

昭和47年10月九代目坂東三津五郎に入門し、昭和48年3月坂東みの虫を名のり初舞台。平成10年4月名題適任証取得。平成13年1月歌舞伎座『御所五郎蔵』穴生多九六で坂東三津之助に改名。平成13年7月伝統歌舞伎保存会会員の第十次認定を受ける。平成19年5月歌舞伎座で名題昇進。

受賞:

昭和62年9月『蘭平物狂』の立廻りで松竹社長賞優秀賞。平成7年1月国立劇場特別賞。平成8年1月国立劇場奨励賞。平成9年眞山青果賞助演賞。同年10月国立劇場奨励賞。平成10年4月こんぴら歌舞伎奨励賞。同年第四回日本俳優協会賞奨励賞。平成17年6月国立劇場奨励賞など。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『与話情浮名横櫛』
    三代目坂東三津之助【噺家五行亭相生】

    平成19年5月 歌舞伎座

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ