歌舞伎 on the web

坂東 三津五郎 (十代目)

ばんどう みつごろう
本名守田寿
俳名・舞踊名舞踊名も十代目坂東三津五郎
屋号大和屋
定紋三ツ大、花かつみ
生没年月日 昭和31(1956)年01月23日 ~ 平成27(2015)年02月21日
出身東京都

プロフィール |  経歴 |  関連URL |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

『蘭平物狂』の蘭平などの時代物、『魚屋宗五郎』の宗五郎などの世話物、『勧進帳』の弁慶などの歌舞伎十八番の荒事、『番町皿屋敷』の青山播磨などの新歌舞伎、そして『道玄の月』の道元禅師などの新作まで、幅広く演じて優れた舞台を見せてくれた。芝居が巧く研究熱心で、役づくりには定評があった。かっきりとした型や奥行きのある口跡、正確なセリフの美しさは観客を唸らせた。『喜撰』の喜撰法師に代表される踊りの腕は折紙つき。女方舞踊の大曲『京鹿子娘道成寺』でも高い評価を受けた。映画『武士の一分』『母べえ』などでも活躍、日本舞踊の一大流派・坂東流の家元としての責務も立派に果たしていた。

プロフィール |  経歴 |  関連URL |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

昭和31年1月23日生まれ。九代目坂東三津五郎の長男。昭和32年3月明治座『傀儡師(かいらいし)』の唐子(からこ)で初お目見得。昭和37年9月歌舞伎座『黎明(れいめい)鞍馬山』の牛若丸で五代目坂東八十助を襲名し初舞台。平成13年1・2月歌舞伎座『喜撰』の喜撰法師、『対面』の五郎ほかで十代目坂東三津五郎を襲名。

受賞:

昭和62年度芸術選奨新人賞。同年名古屋演劇ペンクラブ年間賞。平成4年松尾芸能賞優秀賞。同年都民文化栄誉賞。平成9年眞山青果賞大賞。平成18年日本芸術院賞。平成19年第15回橋田賞。平成21年松尾芸能賞大賞。同年紫綬褒章。平成24年第54回毎日芸術賞。平成26年第21回読売演劇大賞最優秀男優賞。ほか受賞多数。

著書・参考資料など:

昭和62年写真集『坂東八十助 1980鏡獅子-1987車引』(三麗社、北口眞理子写真)、平成12年写真集『十代目坂東三津五郎』(日本放送出版協会)、平成13年『あばれ熨斗』(三月書房)、平成20年『坂東三津五郎 歌舞伎の愉しみ』(岩波書店、長谷部浩編)、平成17年『粋にいなせに三津五郎』(ぴあ)、平成22年『坂東三津五郎 踊りの愉しみ』(岩波書店、長谷部浩編)、同年『三津五郎城めぐり』(三月書房)、平成24年『坂東三津五郎 粋な城めぐり』(角川SSC新書)、平成25年DVD『芸の真髄シリーズ 江戸ゆかりの家の芸 坂東三津五郎』(NHKエンタープライズ)など多数。

プロフィール |  経歴 |  関連URL |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール |  経歴 |  関連URL |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『外郎売』小林朝比奈
  • 『駕屋』駕屋三太

プロフィール |  経歴 |  関連URL |  舞台写真 |  ページ先頭へ