歌舞伎 on the web

松本 幸蔵 (二代目)

まつもと こうぞう
屋号高麗屋
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール |  経歴 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼立役。小柄でちょっと骨張った四角い顔に小さい目と細い首。どちらかといえば地味な風采で、世話物の下級武士や町人や丁稚、下男など、さりげない役をまじめに勤めている。個性的で存在感がある。幸蔵の名を継ぎ、今後のさらなる飛躍も期待される。

プロフィール |  経歴 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和43年生まれ。平成2年国立劇場第十期歌舞伎俳優研修修了。4月歌舞伎座『籠釣瓶(かごつるべ)』の廓の若い者で小島隆の名で初舞台。3年5月松本幸四郎(現・白鸚)に入門し、歌舞伎座『私本太平記』の兵士で松本錦一を名のる。20年2月歌舞伎座『仮名手本忠臣蔵』七段目の太鼓持一平で名題昇進。30年1月歌舞伎座で二代目松本幸蔵を名のる。

受賞:

▼平成22年第十六回日本俳優協会賞奨励賞。26年7月国立劇場奨励賞。

プロフィール |  経歴 |  ページ先頭へ