歌舞伎 on the web

中村 京妙 (初代)

なかむら きょうたえ
屋号京屋
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼女方。小柄で可愛らしい若女方。ベテランだがいつまでも初々しい色気と華やかな雰囲気を持っている。師匠譲りの華と芸を兼ね備えた実力派で、時代物の腰元も世話物の芸者もよく似合う。関西の歌舞伎鑑賞教室で『俊寛』の海女千鳥に抜擢され、新橋演舞場で『東海道四谷怪談』の孫娘お梅を演じるなど、相変わらず華々しい活躍である。勉強会で『将門(まさかど)』の滝夜叉姫や『妹背山(いもせやま)』のお三輪などを熱演し、師匠そっくりだと評判だった。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和51年国立劇場第三期歌舞伎俳優研修修了。4月国立劇場『金門五山桐(きんもんごさんのきり)』の腰元ほかで田中伸二の名で初舞台。52年4月四代目中村雀右衛門に入門し、中村京妙を名のる。62年5月歌舞伎座『お祭佐七』の近所娘お種で名題昇進。

受賞:

▼昭和52年3月、55年12月国立劇場奨励賞。平成11年5月歌舞伎座賞。12年第六回日本俳優協会賞。13年第17回こんぴら大歌舞伎三穂津さくら賞。20年3月国立劇場特別賞。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『曽我梅菊念力弦』蛇娘おそで

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ