歌舞伎 on the web

中村 吉三郎 (初代)

なかむら きちさぶろう
屋号播磨屋
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼立役。まじめで誠実で温かい人柄がにじみ出る。小柄で丸い鼻に愛嬌があり、『一條大蔵譚』の茶亭与市や『与話情浮名横櫛』の噺家相生などを演じて、さりげない味がでてきた。国立劇場の歌舞伎鑑賞教室で『葛の葉』の信田庄司に抜擢されて好演し、実力を見せた。チャリがかった半道敵もできる。師の吉右衛門の『法界坊』で番頭長九郎に抜擢され、努力の成果を見せるなど、着実に実力をつけ、芸の幅を広げつつある。温和な中に芯をしっかりもっている。吉右衛門一門のよきまとめ役でもある。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和24年生まれ。国立劇場の歌舞伎俳優研修の第1期修了生。47年4月国立劇場『一谷嫩軍記(いちのたにふたばぐんき)』の軍兵で佐藤実の名で初舞台。48年6月八代目松本幸四郎(初代松本白鸚)に入門し松本錦弥を名のる。53年4月、中村吉右衛門に師事し中村吉三(きちさ)と改名。56年10月中村吉三郎と改め、歌舞伎座『対面』八幡三郎で名題昇進。

受賞:

▼昭和47年9月国立劇場特別賞、48年11月と平成23年12月に同奨励賞。平成14年第八回日本俳優協会賞。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『石橋』雄獅子

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ