歌舞伎 on the web

尾上 菊市郎 (初代)

おのえ きくいちろう
屋号音羽屋
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼立役。子役から菊五郎のもとで修業した。まじめで芸熱心で、どんな役でも一生懸命に取り組んでいる。時代物の主人思いの若党や、世話物の若い者などがよく似合う。『鳥辺山心中』の若党八介もいい出来だった。博多座で『寿曽我対面』の梶原平次を好演し、勉強の成果を見せた。成長が楽しみな若手である。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和45年生まれ。50年4月本名で歌舞伎座『切支丹道成寺』の聖歌隊で松尾英樹の名で初舞台。53年1月七代目尾上梅幸の部屋子となり2月歌舞伎座『蘭平物狂(らんぺいものぐるい)』の繁蔵ほかで尾上尾登丸(おとまる)を名のる。61年6月歌舞伎座『変化道成寺』の舌出しで尾上梅也と改名。平成3年2月名題昇進。 11年5月歌舞伎座『鏡獅子』の用人関口十太夫で初代尾上菊市郎を名のる。

受賞:

▼昭和51年11月国立劇場特別賞をはじめ平成5年3月国立劇場奨励賞など。12年第六回日本俳優協会賞奨励賞。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『極付幡随長兵衛』 子分閻魔大助

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ