歌舞伎 on the web

中村 亀鶴 (二代目)

なかむら きかく
屋号八幡屋
定紋向い亀鶴菱
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼セリフが巧く、古風な顔立ちで芸もしっかりしている。亡父の名跡を襲名してから積極的に大役に挑戦しており、上方歌舞伎にも取り組む意欲を見せている。『関の扉』の関兵衛実は大伴黒主や『女殺油地獄』の河内屋与兵衛、『曾根崎心中』の油屋九平次などを熱演した。芸熱心で、さらなる飛躍が期待される。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和47年6月18日生まれ。初代中村亀鶴の長男。父方の祖父は四代目中村富十郎、祖母は初代中村鴈治郎の娘の中村芳子(よしこ)。51年12月本名で南座『時雨の炬燵(しぐれのこたつ)』の倅(せがれ)勘太郎で渡辺芳彦の名で初舞台。平成2年国立劇場第十期歌舞伎俳優研修修了。3年1月伯父の五代目中村富十郎門下となり、中村芳彦を名のる。5年4月富十郎の部屋子となる。13年11月歌舞伎座にて『戻駕色相肩(もどりかごいろにあいかた)』の禿(かむろ)で二代目中村亀鶴を襲名。21年11月より坂田藤十郎一門となる。

受賞:

▼平成11年6月国立劇場特別賞。12年第六回日本俳優協会賞奨励賞。22年12月国立劇場奨励賞。27年10月国立劇場優秀賞。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『仮名手本忠臣蔵』五段目 斧定九郎

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ