歌舞伎 on the web

中村 歌女之丞 (三代目)

なかむら かめのじょう
屋号成駒屋
定紋祇園守
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼女方。早くから技巧派で目立っていた。故・歌右衛門の薫陶を受けた実力は、誰しも認めるところだ。時代物から世話物まで、女房でも腰元でも老け役でもきっちり演じている。平成中村座の『夏祭浪花鑑』三婦女房おつぎは持ち役で、ドイツ公演でも演じていた。『伽羅先代萩』の医師大場道益の妻小槙を演じて不思議な存在感があった。いまやベテラン女方として、ますます頼りにされる存在である。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和30年生まれ。49年国立劇場第二期歌舞伎俳優研修修了。4月国立劇場『妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)』の腰元ほかで小林洋信の名で初舞台。50年5月六代目中村歌右衛門に入門し、中村駒次を名のる。58年11月歌舞伎座『鎌倉三代記』の讃岐(さぬき)の局ほかで三代目中村歌女之丞を襲名、名題昇進。平成26年4月歌舞伎座『鎌倉三代記』のおくる、『一條大蔵譚』の鳴瀬で幹部昇進。

受賞:

▼昭和55年12月国立劇場奨励賞。平成16年第十回日本俳優協会賞。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『石橋』雌獅子

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ