歌舞伎 on the web

中村 勘九郎 (六代目)

なかむら かんくろう
屋号中村屋
定紋角切銀杏
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼少年のころから踊りに優れた才能を見せた。父方の曾祖父・六代目尾上菊五郎と母方の祖父・七代目中村芝翫の血を引くハイブリッドな才能は、とくに身体能力においてめざましい。『車引』の梅王丸で、荒事の演技の骨法を見事に体現して、高い評価をうけた。『鏡獅子』では芝翫の厳しき指導を受けて、見事にその期待に応えた。立役が多くなってきたが女方もいける。野田秀樹のNODA・MAP公演『走れメルス』や、三谷幸喜の作品で藤原竜也と共演した『ろくでなし啄木』など歌舞伎以外の舞台にも積極的に挑戦し、映画やテレビにも進出。ますます意欲的に活動している。平成24年2月、父・十八代目中村勘三郎の前名である勘九郎を襲名した。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和56年10月31日生まれ。十八代目中村勘三郎の長男。61年1月歌舞伎座『盛綱陣屋』の小三郎で初お目見得。62年1月歌舞伎座『門出二人桃太郎』の兄の桃太郎で二代目中村勘太郎を名のり初舞台。平成24年2月新橋演舞場『土蜘』の僧智籌実は土蜘の精、『春興鏡獅子』の小姓弥生後に獅子の精などで六代目中村勘九郎を襲名。

受賞:

▼平成2年松竹社長賞。12年関西・歌舞伎を愛する会賞。21年第16回読売演劇大賞杉村春子賞。21年度浅草芸能大賞奨励賞。23年度松尾芸能賞新人賞。25年第20回読売演劇大賞最優秀男優賞、第4回岩谷時子章奨励賞。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『連獅子』仔獅子の精

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ