歌舞伎 on the web

市川 猿紫

いちかわ えんし
屋号澤瀉屋

プロフィール |  経歴 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼女方。小柄で可愛らしい娘方。時代物では『妹背山婦女庭訓』の官女や『八重桐廓噺』の腰元浜荻など、世話物では『籠釣瓶花街酔醒』の振袖新造などを神妙に勤めている。若衆も似合う。明治座で『傾城反魂香』土佐将監閑居の場の修理之助に抜擢され、期待に応える好演を見せた。名題に昇進して今後の成長が期待される。

プロフィール |  経歴 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和56年生まれ。平成13年4月市川猿之助(現・猿翁)に入門し、新橋演舞場『新・三国志II』蜀軍兵ほかで初舞台。7月歌舞伎座『続篇華果西遊記(つづくたびかかさいゆうき)』の侍女ほかで市川猿紫を名のる。25年1月大阪松竹座『小栗栖の長兵衛』の重助娘おかんで名題昇進。

プロフィール |  経歴 |  ページ先頭へ