歌舞伎 on the web

市川 猿四郎 (二代目)

いちかわ えんしろう
屋号澤瀉屋
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼立役。猿翁一座の立廻りでピカ一だった。立師も兼ねる。堂々たる体躯によく通るセリフ、造作の大きな立派な顔にギョロッとした目。三越劇場で『傾城反魂香』の不破伴左衛門を熱演した。踊りと立廻りが上手く、きびきびと切れ味のいい身のこなしで、世話物の船頭や若い者、時代物の若党や繻子奴などがよく似合う。どんな役でも意欲的に取り組む芸熱心。スーパー歌舞伎にも欠かせない存在。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和41年生まれ。63年国立劇場第九期歌舞伎俳優研修修了。4月、歌舞伎座『仮名手本忠臣蔵』の中間ほかで田村俊晴の名で初舞台。同年7月市川猿之助(現・猿翁)に入門し二代目市川猿四郎を名のる。平成12年7月名題昇進。

受賞:

▼平成9年第三回日本俳優協会賞奨励賞ほか。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『ヤマトタケル』熊襲兄タケル

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ