歌舞伎 on the web

市川 猿三郎 (二代目)

いちかわ えんざぶろう
屋号澤瀉屋
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼立役・女方。関西で子役から修業したベテラン。舞台経験が長いだけに実力があり、舞台ぶりも落着いている。二枚目から和事、娘役、女房まで、芸域が広く、何を演じても安定感がある。関西で女子大の講師も勤める才人。『傾城反魂香』で将監の北の方を演じた。新作の理解力もあり、スーパー歌舞伎でも欠かせない存在。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和27年生まれ。父は六代目嵐冠十郎。32年11月、五歳で宝塚大劇場〈新芸座公演〉『無法松の一生』の吉岡少年で初舞台。41年10月帝国劇場の柿落し公演にも出演。56年父に入門し、嵐延夫の名で関西歌舞伎に籍を置く。平成元年7月から市川猿之助(現・猿翁)門下となり市川延夫と改名。10年7月歌舞伎座で名題昇進。20年3月新橋演舞場『ヤマトタケル』で二代目市川猿三郎を名のる。

受賞:

▼平成17年第十一回日本俳優協会賞。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『義経千本桜』川連法眼館 川連法眼妻飛鳥

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ