歌舞伎 on the web

市川 猿弥 (二代目)

いちかわ えんや
屋号澤瀉屋
定紋軸違いの二ツ葉澤瀉
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼立役。猿翁一門の中で踊りと芝居の巧さで群を抜く。どんな役でもこなしているが、ことに三枚目や赤ッ面の荒若衆、軽妙な半道敵や端敵役などに独自の芸域を確立しつつある。故・九代目澤村宗十郎の持ち役だった『當世流小栗判官(とうりゅうおぐりはんがん)』の矢橋の橋蔵というユニークな役も、いまやこの人のものとなっている。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和42年8月15日生まれ。50年1月歌舞伎座『菅原伝授手習鑑』寺子屋の寺子四郎蔵で久住良浩の名で初舞台。子役から53年5月に市川猿之助(現・猿翁)の部屋子となり、南座『加賀見山再岩藤』の志賀市ほかで二代目市川猿弥を名のる。平成10年7月歌舞伎座『義経千本桜』の武蔵坊弁慶で名題昇進。

受賞:

▼平成12年松尾芸能賞新人賞。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『當世流小栗判官』鬼瓦の胴八

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ