歌舞伎 on the web

中村 梅乃 (初代)

なかむら うめの
屋号高砂屋

プロフィール |  経歴 |  ページ先頭へ

プロフィール

女方。落ち着いた風情としっかりした実力をもち、梅玉一門らしい行儀の良い女方。時代物の腰元も、世話物の芸者や仲居、町女房や娘など、どんな役でも安心して見ていられる。「音の会」の『野崎村』で油屋下女およしを演じた。これからが楽しみである。梅玉や魁春の後見でも信頼されている。

プロフィール |  経歴 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和55年生まれ。平成10年国立劇場第十四期歌舞伎俳優研修修了。5月歌舞伎座『野晒悟助』の提婆子分ほかで近藤太郎の名で初舞台。11年1月歌舞伎座『河内山』の近習で中村梅之(うめゆき)を名のる。25年10月歌舞伎座『義経千本桜』渡海屋・大物浦の腰元白梅などで名題昇進、中村梅乃を名のる。

プロフィール |  経歴 |  ページ先頭へ