歌舞伎 on the web

尾上 松也 (二代目)

おのえ まつや
屋号音羽屋
定紋抱き若松
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼名子役だった父・松助の血をうけ継ぎ、数々の子役で多くの賞を受賞。成長して美しく清潔な色気で注目を浴びた。『大石最後の一日』の細川内記のような若殿や前髪の似合う若衆、若武者などの役を多く演じてきたが、近年はすらりとした美しい容姿を活かして、若女方や二枚目を神妙につとめている。毎年夏の自主公演「挑む」もおなじみになってきた。重要な役を演じる機会も増えてきて、今後もさらなる活躍が期待される。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和60年1月30日生まれ。六代目尾上松助の長男。平成2年5月歌舞伎座『伽羅先代萩』の鶴千代で二代目尾上松也を名のり初舞台。

受賞:

▼平成3年と5年、8年に国立劇場特別賞。5年歌舞伎座賞。28年第37回松尾芸能賞新人賞。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『江戸の夕映』小六許嫁 お登勢

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ