歌舞伎 on the web

片岡 秀太郎 (二代目)

かたおか ひでたろう
屋号松嶋屋
定紋七ツ割丸に二引
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼上方歌舞伎を代表する女方。芝居の巧さと色気のある美しさに定評がある。ことにシンの強さを秘めた世話物の女房役と、はかない運命を背負った遊女役を手固く演じる。『伊賀越道中双六―沼津』のお米や『封印切』の梅川などは、この人ならではのしっとりと深い哀感に満ちた演技が見事。『廓文章』の吉田屋女房おきさや『恋飛脚大和往来』のおえんなど〈花車方〉といわれる役柄では、上方の廓の雰囲気を見事に表して右に出る者がない。父・十三代目片岡仁左衛門の側にいて、相手役も数え切れないほどしたことから、和事系の立役でもお手本の芸を見せる。復活や新作にも優れた理解力と創造力を示す。子息・愛之助を盛り立てながら、上方歌舞伎塾出身者を中心とした若手たちにも貴重な指導者として活躍している。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和16年9月13日生まれ。十三代目片岡仁左衛門の次男。21年10月南座『吉田屋』の禿(かむろ)で片岡彦人の名で初舞台。31年3月大阪・歌舞伎座『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名する。

受賞:

▼昭和62年1月、平成6年3月などで国立劇場優秀賞。9年度十三夜会年間大賞。11年第二十回松尾芸能賞優秀賞。同年度大阪芸術賞。15年伝統文化ポーラ賞優秀賞、ほか。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『近頃河原の達引』遊女お俊
  • 『暗闇の丑松』四郎兵衛女房お今

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ