歌舞伎 on the web

中村 梅蔵 (初代)

なかむら うめぞう
屋号高砂屋
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼立役。若い頃はおっとりとふくよかな容姿で、勉強会で『双面(ふたおもて)』の吉田松若や『野崎村』の久松、『賀の祝』の桜丸など、師匠ゆずりの上品な二枚目を演じて好評だった。いまも丸っこい体躯にふっくらした顔で、どんな役にも真面目に取り組んでいる。立廻りのトンボの名手で、今は立師も勤める。忠義な奴や若党がよく似合う。巡業で『毛谷村』の杣斧右衛門に抜擢されて汗をかいていた。今後の成長が期待される。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和39年生まれ。57年国立劇場第六期研修修了。7月国立劇場で初舞台。11月中村吉右衛門に入門し、中村秀弥を名のる。59年1月中村福助(現・梅玉)門下となり、中村福次を名のる。平成4年4月歌舞伎座で中村梅蔵と改名。18年4月歌舞伎座『伊勢音頭恋寝刃』の客治郎助ほかで名題昇進。

受賞:

▼平成27年10月国立劇場奨励賞。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『狐と笛吹き』楽人秋信

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ