歌舞伎 on the web

片岡 仁左衛門 (十五代目)

かたおか にざえもん
屋号松嶋屋
定紋七ツ割丸に二引
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール |  経歴 |  関連URL |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼立役。現代の歌舞伎を代表する俳優の一人。すらりと背が高くすっきりした容姿と美貌で、華のある芸風。爽やかな調子は、義太夫で鍛えた発声法とセリフ術を備えている。『石切梶原』の梶原平三、『菅原伝授手習鑑』の菅丞相と松王丸、『仮名手本忠臣蔵』の早野勘平など、義太夫狂言の主役はもちろん、『勧進帳』の弁慶など江戸の荒事もできる。『与話情浮名横櫛(よわなさけうきなのよこぐし)』の与三郎のような江戸の世話物の粋な二枚目もできれば、『吉田屋』の伊左衛門など上方の和事の〈つっころばし〉や『伊勢音頭恋寝刃』の福岡貢のような〈ぴんとこな〉といわれる役柄もできる。『東海道四谷怪談』の伊右衛門や『色彩間苅豆』の与右衛門などの〈色悪〉もぴったり。近松の『女殺油地獄』の不良少年・与兵衛も代表作のひとつ。『御浜御殿綱豊卿』の徳川綱豊など、新歌舞伎の知性的な役に至るまで、幅広い芸域で活躍する。特に父・十三代目仁左衛門から受け継いだ『菅原伝授手習鑑』の菅丞相は最高の当たり役。

プロフィール |  経歴 |  関連URL |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和19年3月14日生まれ。十三代目片岡仁左衛門の三男。24年9月大阪・中座『夏祭浪花鑑』の市松で本名の片岡孝夫で初舞台。父の旗揚げした〈仁左衛門歌舞伎〉で演じた『女殺油地獄(おんなごろしあぶらのじごく)』の与兵衛が出世芸となる。平成5年に一年間病気休演したが大病を克服し、6年1月に舞台復帰。10年1・2月歌舞伎座『吉田屋』の伊左衛門、『助六曲輪初花桜(すけろくくるわのはつざくら)』の助六ほかで十五代目片岡仁左衛門を襲名。

受賞:

▼昭和61年度芸術祭賞。62年度日本芸術院賞。平成11年毎日芸術賞と大阪舞台芸術賞。15年朝日舞台芸術賞。18年紫綬褒章、日本芸術院会員。27年重要無形文化財保持者(人間国宝)。28年第23回読売演劇大賞・同最優秀男優賞。ほか多数。

プロフィール |  経歴 |  関連URL |  舞台写真 |  ページ先頭へ

関連URL

役員紹介  

プロフィール |  経歴 |  関連URL |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『伊勢音頭恋寝刃』福岡貢
  • 『菅原伝授手習鑑』道明寺 菅丞相

プロフィール |  経歴 |  関連URL |  舞台写真 |  ページ先頭へ