歌舞伎 on the web

尾上 徳松

おのえ とくまつ
屋号音羽屋

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

プロフィール

▼女方。ニューヨークの名門演劇学校出身で、海外で現代演劇などを演じるなど多彩な経歴をへて、歌舞伎の女方になった。故・尾上松助に師事し、菊五郎劇団で熱心に修業して、江戸の世話物の町女房や仲居などを自然に演じるまでになった。もともとの素養があったからもあろうが、人一倍の芸熱心で、歌舞伎が心底好きだからでもあろう。いまやベテランの域で、どんな役でも安心して見ていられる。勉強会で『加賀鳶』のお兼や『伊勢音頭恋寝刃(いせおんどこいのねたば)』の万野など、数々の大役を見事に演じた実力派。名題に昇進し、ますます活躍の場が増えるだろう。松助亡きあと、松也にとっても大切な人。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

経歴

芸歴:

▼昭和27年生まれ。平成5年1月六代目尾上松助に入門。6月〈近松座公演〉『冥途の飛脚』の村人で尾上徳松を名のり初舞台。平成15年11月名題適任証取得。17年11月新橋演舞場『児雷也豪傑譚話(じらいやごうけつものがたり)』の腰元楓・官女で名題昇進。

受賞:

▼平成22年第十六回日本俳優協会賞。

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ

舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

  • 『天守物語』亀姫の局

プロフィール |  経歴 |  舞台写真 |  ページ先頭へ